作りたいものに妥協しないために、会社を興してまで完成させた作品です。うれろー、うれろー。

2013年07月27日

X1などのタイミング調整

ここ最近は、主にX1のタイミング調整をやっていました。
以下、仮バイナリです。(PC-88とMZ-2500はおまけ)
http://homepage3.nifty.com/takeda-toshiya/00tmp/pc88_x1_mz25.zip

FDCで、データ転送やマルチセクタ時の次のセクタの発見に掛かる時間を、
データ密度と回転数から求めるようにしたり、
(プリアンブル、ポストアンブルを考慮してないので、やや不正確)
Z80DMAで、バイト転送モード以外でちゃんとCPUにバスを要求するようにしたり、
転送に掛かったクロック数だけCPUを止めてやったり、
VRAM/TVRAM,PSG,サブCPUにアクセスする際にウェイトを掛けてやったり、

かなり実機に近いタイミングで動くようになったんじゃないかと思います。
アークス2のオープニングも、変なパッチなしで動作するようになりました。

MB8877だけでなく、uPD765Aも同様の修正をしていますので、
PC-8801の方もそれなりに改善されてるんじゃないかなと思います。

#X1のVRAMウェイトは、例によってX1センターの佐藤様に情報を頂きました。
#多謝多謝です。
posted by 武田 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

PC-88とX1のプチ作業中

暫くお休みしてましたが、PC-88とX1を少々作業中です。
週末にはリリースできると思いますが、取り敢えずの仮バイナリです。
http://homepage3.nifty.com/takeda-toshiya/00tmp/x1turbo.zip
PC-88は、主にメモリウェイトやCRTCの垂直同期周波数の修正を行いました。
以下のサイトの情報を参考にさせていただきました。(多謝多謝>くれゆに様)
各モードとも、実機計測結果にかなり近い値が得られるようになっています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~crazyunit/pc88.html

後はVRAM周りのウェイトの調整ですね。
こちらは情報がないので、自分で実機調査しないといけないのですが、
それだけの工数が取れるかどうか(苦笑)

X1の方は、サブCPUやキーボードのCPU内蔵ROMを使用したときの問題の修正です。
非X1turboなサブCPUを使用している場合にカセットの検出に失敗する件や、
X1turboにX1仕様のキーボードが繋がったときに入力できない問題を修正しました。
また、80C48のクロック管理の問題から、キーリピートが速くなっていた件も、
これで解決しているのではないかと思います。
また、擬似サブCPUを使用する場合も、キーリピートの速さが内蔵ROM使用時と
同等になるように再調整しました。

#御心当りの方、よろしければ評価お願いいたします。m(_ _)m

PS.いっさくじつ、みそじからななつあまりました。おーのー。

(2013/7/23 2:20追記)
すみません、仮バイナリのURLが間違ってました。
今晩中にリリースしますので、メインサイトからダウンロードをお願いいたします。

(2013/7/25 2:20追記)
x1centerの情報をもとに、テキスト画面の縦倍・横倍表示の実装を修正しました。
(多謝多謝>佐藤様)
また、昨晩の修正で、設定をiniファイルに保存するようになっています。
posted by 武田 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まるくん、がんばれ、ちょうがんばれ