作りたいものに妥協しないために、会社を興してまで完成させた作品です。うれろー、うれろー。

2015年08月28日

JR-100

150828-1.png

何となく、小規模なマシンの新規実装をしたいなーと思っていたところに、
たまたまEnriさんのサイトを見てまして。
CPUとVIAとCRTCとメモリだけかー、シンプルな構成だなーと思ったら、
つい発作的に実装してしまいました(を

もう何機種か、こんな感じで実装するかもしれません。
いっそバイナリ100個でも目指してみるか。
posted by 武田 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

SMC-777

一部筋からご要望がありまして、盆休みに実装してみました。

WinSMCという良く出来たエミュレータが既にあるのですが、
こちらはデバッガーが充実しててソフト開発に便利だよーということで。

実機付属のハードウェア解説書と回路図集を持ってたので、実装は割と楽でした。
回路図が小さすぎて、拡大鏡が手放せませんでしたが(苦笑)

将来的にはSMC-70の対応もしたいと思っています。
技術資料をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご協力いただけますと幸いです。
回路図が掲載されてる月刊I/Oは確か持ってたかな?

150821-1.png150821-2.png150821-3.png150821-4.png

Common Source Code Projectでリリースしているエミュレータの実行ファイルも、
いつの間にやら82個になっていました。
PC-6001/6601とかMSXとかFM-7/77/AVとか、他の方に実装して頂いた機種もありますし、
PASOPIA7のLCD付とか、PC-8201の海外版とか、細かい違いで複数バイナリとかありますけど、
いつの間にやら随分と増えたものです。
どうりで全ビルドするのに時間がかかる訳ですね(苦笑)

SasajiさんのBML3とか、韓国の方が実装されたGoldStar FC-100とか、
まだ統合できてないプロジェクトもありますが。
多くの方に使っていただけるのは、本当にうれしい限りです。
昔野望のページに書いた、エミュレータのスケルトンとして、漸く実用的になってきたのかなと。

そういえば、Common Source Code Projectという名前ですが。
本来は、それまで実装してきたエミュレータを、単一のソースに統合するというプロジェクトの
名前でしかなかったんですよ。
ガンダムの統合整備計画とかと同じのりで、ちょっと厨二病的な。

それが、どういう訳か、エミュレータのニュースサイトで、Common Source Code Projectが
エミュレータの名前として紹介されてしまいまして、まあそのままでいいやーと。

私には割と良くある話です。Unofficial nesterのときとか(笑)
posted by 武田 at 01:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まるくん、がんばれ、ちょうがんばれ